OTHER INFORMATION
LIST

メールマガジン

JOIN

週末道後座 はこちら
GUIDE MAP はこちら

週末道後座 募集要項

2022年4月28日から2023年 2月26日まで開催する芸術祭 「道後オンセナート2022」( 主催: 未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会 )では、まちの賑わいづくりのため、道後温泉地区の放生園や上人坂などで 、事前登録したアーティスト・ミュージシャン・パフォーマーなどの皆さんに 、多彩に表現活動をしていただき 、市民や道後温泉を訪れる方が芸術や 文化に親しむ機会を提供するプログラム“週末道後座”を 開催します。
以下の要項にて、「週末道後座」への登録アーティストを募集します。

開催概要
名  称:
道後オンセナート2022 週末道後座
実施期間:
令和4年5月13日(金)〜令和5年2月26日(日)の原則として金・土・日・祝日に実施
実施場所:
放生園(東側)、上人坂(宝厳寺、ひみつジャナイ基地)など
内  容:
道後温泉地区の放生園や上人坂などで、事前登録したアーティスト・ミュージシャン・パフォーマーなどの皆さんに、多彩に表現活動をしていただきます。道後温泉地区の文化、賑わいの向上につなげることを目的とします。
主  催:
未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会

募集内容

道後オンセナート2022のテーマ「いきるよろこび」をコンセプトとする演目を実施いただけるアーティスト等を広く募集します。
音楽、パフォーマンス、ダンス、落語、朗読など表現ジャンルは問いません。

■観客から一律に観覧料等の徴収はできません。
■本事業での出演料はありません。
■催事に関わる全ての経費は、登録アーティストが負担します。(舞台設営(音響含)・進行・会場など)
ただし実行委員会が必要と認め、実行委員会主催イベント等として実施する場合は、実行委員会が経費負担します。
■投げ銭、グッズ販売、PR活動は事前申請のうえ可能です。ただし強要や押売りはできません。

募集条件

■プロ・アマを問いません。
■国籍不問。ただし日本国籍以外の方については、在留資格を有し、日本語で連絡の取れる方。
■代表者が登録申請日において18歳以上であること。
■登録(ライセンス取得)後、「週末道後座事務局」との連絡および企画実施・撤去に至るまで責任を持って遂行できる個人または団体。
■応募者は、その代表者、責任者らが、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者その他反社会的勢力のいずれでもなく、且つ将来にわたっても該当しないこと、及び暴力団等と社会的に非難されるべき関係を有しないこと。

応募について

応募方法

応募フォームに必要事項を記入しご応募ください。

応募期間
2022年4月6日(水)〜2022年12月28日(水)午後5時

初回のみ4月12日(火)で応募を締め切り、審査を行います。
以降、毎月月末に当月応募分の審査を行い、翌月15日までに登録の可否を「週末道後座事務局」からお知らせします。
登録アーティストは、登録認定日から、催事申請ができます。
不明点や確認事項など個別にお問い合わせさせていただくことがあります。

審査について

認定委員会を設置し、以下の着眼点からアーティストの魅力を審査します。
○道後温泉地区の文化として発信するにふさわしい、芸術的魅力を有していること
○公共空間において上演されるにふさわしい、多くの人を楽しませる内容が期待されること
○その他、認定委員会が適切と認めること

認定委員

■松田朋春(みんなの道後温泉 活性化プロジェクト 総合ディレクター)
■野上絹代(ハダカヒロバ 芸術監督)
■福岡晋也(週末道後座 運営ディレクター)
■石田匡暁(未来へつなぐ道後まちづくり実行委員、道後商店街振興組合 理事長)

活動に当たっての条件

催事申請について

■アーティスト登録認定後、「週末道後座事務局」に「催事申請書」を催事希望日の45日前までに提出してください。
■「週末道後座事務局」は、催事希望日の30日前までに結果を通知します(この段階で実施場所の予約が完了します)。
※施設管理者からの活動不可連絡や他のアーティストの先約がある場合は活動できません。
■実施場所の予約は原則として先着順とします(一部日程について、他の催事開催等により予約できないことがあります)。)

催事場所について

■催事場所は放生園(東側)や上人坂(宝厳寺、ひみつジャナイ基地)などです。一般の路上や民間の敷地は、活動場所には含まれません。
■催事当日は、スタッフに当たる人員はいません。音楽演奏やパフォーマンスに必要な機材の搬入、搬出等は登録アーティストの負担で行なっていただきます。
■催事の準備段階から実施当日まで、催事場所の使用条件や施設管理者の指示に従っていただきます。

催事可能時間について

以下の場所での催事可能時間は、原則次のとおりです。
■放生園 午前10時 ~ 午後5時
■宝厳寺 午前9時 ~ 午後5時
■ひみつジャナイ基地 午前11時 ~ 午後5時
■一回あたりの上演は原則として概ね30分程度を想定しています(設営撤去除く)。
複数回の上演、長時間の上演などについては個々お問い合わせください。

催事場所使用料について

使用料は原則無料です(実行委員会が負担します)。

禁止事項について

■催事場所が定める規約・規定を遵守してください。
■観覧者の厚意による投げ銭を受け取ることはできますが、強要はできません。
■物販PR等は事前に申請し、許可を受けた範囲で可能です。押売りはできません。
■近隣の方や他の施設利用者の迷惑になるような大音量を出すことはできません。最小限のポータブルアンプに限り使用を認めますが、アンプを使用しない形態での活動を原則とします。
■火、水、油、悪臭を放つなどの液体物ほか危険物と認められるもの、飲食物の取り扱い、腐敗のおそれがあるもの、サル等の法令で定める特定動物を使用するもの、会場内にある公共物や備品を破損させる可能性のあるものはお断りさせていただきます。
■宗教活動、政治活動、節度を超える営業、販売目的であると判断できるもの、法律に牴触する、または本事業の趣旨にそぐわない表現・企画は実施を見送らせていただきます。
■坊っちゃんカラクリ時計の上演時間中は、放生園でパフォーマンスをすることができません。
※(坊っちゃんカラクリ時計上映時間 約10分)
土日祝、3・4・8・11月、年末年始(12/28~1/5)は30分毎です。
その他は、1時間毎です。

新型コロナウイルス感染症対策について

■新型コロナウイルス感染拡大や社会状況等により、内容変更、中止または延期とさせていただく場合があります。
■新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、催事場所によっては、催事申請を中止する場合があります。
■パフォーマンス内容により、使用を制限させていただく場合があります。

【登録アーティストが松山市外在住の方の場合】

以下のいずれかに該当する場合は、出発前72時間以内(原則)のPCRの陰性証明書を週末道後座事務局に提出いただき、事務局が確認した後に、登録アーティストに連絡したうえで来松いただきます。
■愛媛県の警戒レベルが「感染対策期」または愛媛県(松山市)にまん延防止等重点措置、緊急事態宣言が発令されている場合
■緊急事態措緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域から来松する場合

パフォーマンスの予約取り消しについて

以下、①~⑤に該当する場合は、パフォーマンスの予約を取り消しさせていただきます。
①37.5℃以上の発熱、咳、咽頭痛、下痢、味覚障害、嗅覚障害等の症状のある方、体調に不安のある方
②新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受け、現在医師による自宅待機指示を受けている方(陽性判定の後、療養・経過観察中で、保健所による「療養完了」の認定を受けていない方)
③実施前の14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域への訪問歴や、当該在住者との濃厚接触の可能性がある方
④実施前の10日以内において、保健所から濃厚接触者の認定を受けた方
⑤実施前の10日以内において、保健所による濃厚接触者の追跡がされない場合でも、濃厚接触に該当する行動履歴(マスクなし、1m以内で15分以上接触)があった場合

パフォーマンス時の注意事項について

■観客との距離を2m(最低1m)確保してパフォーマンスを行うこと。
■新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、厚生労働省が提供する接触確認 アプリ(COCOA)を、ご自身が普段使用するスマートフォンに必ずインストール し、常時作動させてください。
※COCOAについては、こちらのページを参照

個人情報の取扱について

「週末道後座事務局」が取得した氏名、住所、連絡先等の個人情報は、厳重に管理し、以下の目的にのみ利用し、目的以外の利用はいたしません。
■本事業の応募者の管理と審査のため
■本事業に関する応募者本人及び代理人への連絡のため
■本事業の記録のため
■本事業の広報のため(公開用の情報のみ)
■事後アンケートの実施と回答結果整理のため

問い合わせ先

本件に関する質問等は、下記の宛先へお願いいたします。
週末道後座事務局
担当者:福岡晋也【連絡先:fukuoka.shinya@gmail.com / 090-8973-6880】
(なお、このプログラムの実施などは、未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会からの業務受託者であるスパイラル/㈱ワコールアートセンターが担当します。)