OTHER INFORMATION
LIST

夏目漱石と正岡子規、大江健三郎と伊丹十三
天才たちの足跡を辿る旅 〜時々、鍋焼うどん〜

土曜日限定!松山の絶景で締めくくる
話題のショップ&カフェを巡る1日旅

週末道後座 はこちら
GUIDE MAP はこちら
オススメ
大洲和紙の里・内子、神様の島・大三島
愛媛の手仕事と自然のパワーに触れる旅

はじめての愛媛旅。色々な景色が見てみたくて道後を拠点に様々な場所を訪れました。内子では国の伝統的工芸品にも指定されている「大洲和紙」とそれを受け継ぐ職人さんたちと出会い、しまなみ海道・大三島では島の自然にパワーをもらいました。そして今も心に残っているのは瀬戸内海の美しい夕暮れです。最高の夕景が楽しめるオススメスポットも紹介するのでぜひ足を伸ばしてみてください。

nanamy
nanamy

1991年生まれ東京都出身。イラストレーター。幼少期をインターナショナルスクールで過ごす。海外の絵本から色鮮やかなポップアートに心打たれ、独学でイラストとデザインを勉強し、現在は『ELLE girl』『WWD Japan』などの雑誌やweb、Gap Japanなどのファッションブランドや広告を中心にイラストを提供。東京都内外の個展や展示では、アクリル画のペイント作品制作にも力を注いでいる。

行程

DAY 1

  • 道後温泉駅

  • 車での移動

    所要時間:約60分
  • 天神産紙工場(五十崎社中)

  • 車での移動

    時間:約15分
  • 地鶏焼 ふかせ

  • 車での移動

    時間:約15分
  • からり直売所

  • 車での移動

    時間:約40分
  • JR予讃線 下灘駅

  • 車での移動

    時間:約40分
  • 道後温泉のホテルに帰着

道後温泉駅

車で約60分

天神産紙工場(五十崎社中)

最初に目指したのは大洲和紙の里・内子。天神産紙工場では紙漉きの見学と体験をさせていただき「その土地ならではの伝統や文化を受け継ぐ仕事って素敵だな」と感じ入りました。ショップでお気に入りの和紙をゲットするのもおすすめ! 手漉き和紙とフランスの金箔技法「ギルディング」を融合させた商品も要チェックです。

天神産紙工場(五十崎社中)
■住所:〒795-0303 愛媛県喜多郡内子町平岡甲1240-1
■営業時間:月〜金9:00〜17:00、土日祝9:00〜15:00
※見学・紙漉き体験は要予約・有料
■休業日:年末年始、お盆、GW
公式サイトはこちら

車で約15分

地鶏焼 ふかせ

肱川(ひじかわ)沿いを車で走ると、道の脇に素敵な佇まいの古民家が現れます。囲炉裏で自分で焼くスタイルの地鶏焼のお店「ふかせ」さんです。それが本当に美味! 窓から見える風景や、品を感じる店内の雰囲気、女将さんのセンス…どこをとっても素敵な空間で、この旅一番お気に入りの食事処になりました。

地鶏焼 ふかせ
■住所:〒797-1503 愛媛県大洲市肱川町宇和川3752
■営業時間:月・水~金11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
土日祝11:30~20:00(ラストオーダー19:30)
■休業日:火曜日、毎月最終水曜日

車で約15分

からり直売所

内子の道の駅「からり直売所」はローカル感あふれるスポット! みかんやポンカンが都心とは比べものにならないほどのフレンドリー価格で購入できます。野菜や果物の他にも、職人さん手作りの木のコースターや、内子豚ソーセージ、ジェラート、もっちりパンなどおいしいものがたくさん! ドライブ中、小腹が空いたら立ち寄りたい場所です。

からり直売所
■住所:〒791-3301 愛媛県内子町内子2452
■営業時間:8:00〜17:00
※レストランや燻製工房の営業状況は公式サイトをご確認ください。
■休業日:無休
公式サイトはこちら

車で約40分

JR予讃線 下灘駅

車を走らせ、「海の見える駅」として有名な下灘駅へ!さすがの人気スポット。この景色を見るためにたくさんの人が集まっていました。ホームの目の前には美しい瀬戸内海。夕暮れ時の光が水面と電車に乗る人たちを照らし、ここが駅のホームとは思えないくらい幻想的な光景でした。

JR予讃線 下灘駅
■住所:〒799-3311 愛媛県伊予市双海町大久保39-1
詳細はこちら

車で約40分

道後温泉のホテルに帰着

行程

DAY2

  • 道後温泉駅

  • 徒歩での移動

    時間:約4分
  • ひみつジャナイギャラリー

  • 車での移動

    時間:約90分
  • 大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)

  • 徒歩での移動

    時間:約6分
  • 奥の院・生樹の御門(いききのごもん)

  • 車での移動

    時間:約40分
  • 亀老山展望公園

  • 車での移動

    時間:約70分
  • たきざわ

  • 路面電車での移動

    時間:約15分
  • 道後温泉のホテルに帰着

道後温泉駅

徒歩で約4分

ひみつジャナイギャラリー

2日目の朝は上人坂へ散策に。すると、坂の目の前にカラフルなペイントが施された軽トラが停まっているのが目に飛び込みました。山澤商店さんの倉庫を活用したこの空間は、現代美術家の日比野克彦さんが監修する「ひみつジャナイ基地プロジェクト」の一環で開かれた「ひみつジャナイギャラリー」という場所。市内の障害のある方々が制作したアートを展示しています。

ひみつジャナイギャラリー
■住所:松山市道後湯之町4-52山澤商店倉庫
■営業時間:月〜土9:00~18:00
■休業日:日曜日

車で約90分

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)

午後は、しまなみ海道の「大三島」へ! 大三島は昔「御島(神の島)」ともよばれた神聖な島。その中でも、愛媛最古の神社とも言われる「大山祇神社」は特に神秘的な場所。広々とした境内には立派な御神木が立っておりパワーを感じました。訪れるだけで心が澄んだ気持ちになれる場所です。

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)
■住所:〒794-1393 愛媛県今治市大三島町宮浦3327
■営業時間:日の出頃~17:00 [宝物館・海事博物館]8:30~17:00(最終入館16:30)
 ※開館時間は変動の可能性があるので公式サイトをご確認ください。
■休業日:年中無休
公式サイトはこちら

車で約6分

奥の院・生樹の御門(いききのごもん)

大山祇神社を出て奥の院への参道を歩くと、見た事のないほど立派な大樹が! 樹齢約3000年の樹の幹の空洞を門に見立て、それをくぐって人々が参拝をしていたことから「生樹の御門」と呼ばれるようになったそうです。名前の通り生命力を感じるパワースポット。

奥の院・生樹の御門(いききのごもん)
■住所:〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3202
詳細はこちら

車で約40分

亀老山展望公園

「見えない建築」というコンセプトのもと、亀老山の山頂に埋め込むように作られた展望台で、設計は隈研吾さんによるもの。周囲の風景と一体となった建築も、360度瀬戸内海を見渡せるロケーションも、すばらしいの一言!しまなみ海道の夕暮れを堪能しました。

亀老山展望公園
■住所:愛媛県今治市吉海町南浦487-4
詳細はこちら

車で約70分

たきざわ

松山に戻ったら夕食へ。まずは地元のクラフトビール「道後ビール」で乾杯! オススメのお食事処は「たきざわ」さん。名物・鯛釜飯はぜひとも注文してほしい逸品。ほんのり甘口な味付けの優しいお味で、お腹も心も大満足の1日となりました。

たきざわ
■住所:〒790-0004 愛媛県松山市大街道3-4-4
■営業時間:11:30~14:00(売り切れ次第ランチ終了)、17:00~22:00
■■休業日:日曜日・月曜日
公式サイトはこちら

路面電車で約15分

道後温泉のホテルに帰着