OTHER INFORMATION
LIST

GUIDE MAP はこちら
オススメ
アートも観光も丸ごと楽しむ 1泊2日コース

アートも観光も。昼の賑わいも夜の味わいも。
道後の魅力をぜんぶ丸ごと味わえる1泊2日コースです。

1日目は、道後のメインスポットを散策しながら、国内外のアーティストたちの個性豊かな作品を鑑賞!日が暮れたら浴衣で温泉へ。夜だけのアート作品もお見逃しなく。
2日目は、足を伸ばしてちょっとディープな道後へ。歴史と自然を感じる道後公園や、新たなカルチャースポットとして注目を集める上人坂など、道後の隠れた魅力に会いにいきましょう。

行程

Day.1 AM

  • 道後温泉駅前

  • 神縁ポータル/市原えつこ

    道後観光案内所
  • SPRING/TIDE

    放生園
11:30

道後温泉前駅に到着

坊っちゃん列車
レトロな駅舎には明治時代と同じ外観の「坊っちゃん列車」が。「ポッポー」と汽笛を鳴らして走る様子は当時の雰囲気そのもの。
11:35

神縁ポータル/市原えつこ

設置場所:道後観光案内所

最初に迎えてくれる作品はこちら。神縁ポータルで道後の神縁・開運スポットへ導いてくれる「神縁チケット」を手に入れましょう。道後のまちの隠れた魅力と出会えるかも?

道後観光案内所
道後の旅の出発点。中にはオンセナートグッズのコーナーも。案内所前には人力車が停まっていて、車夫のガイド付きでまちを一周することもできます。
11:45

SPRING/TIDE

設置場所:放生園

足湯からちょこんと顔を出してこっちを見てくるのは、ペインター・TIDEの代表的アイコン「CAT」。絵の世界から抜け出して湯からひょっこり出てきたみたい。もしかしたら商店街のどこかにも隠れているかも…?

放生園
道後温泉駅前で観光客を迎えてくれる足湯。真ん中にあるのはかつて道後温泉本館で使われていた湯釜です。

行程

Day.1 PM

  • 坊っちゃんカラクリ時計

  • マチコトバ

    道後温泉駅前バス停
  • 道後温泉系/力石咲

    道後温泉 第4分湯場
  • 道後ハイカラ通り

  • あいだのお湯/エイドリアン・シュテッケヴェー

    今治屋・北側窓
  • にきたつの道

  • Mural #1/TIDE

    寿美屋
  • 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉中庭インスタレーション/蜷川実花

    道後温泉別館 飛鳥乃湯泉中庭「ハダカヒロバ」
  • 椿の湯

  • 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

  • 道後温泉五如団子/隅川雄二

    振鷺亭
  • オリジナルARコンテンツ/尾野光子

    振鷺亭
  • 熱景/NETSU-KEI/大竹伸朗

    道後温泉本館
  • おそいおそいおそい詩/髙橋匡太+oblaat

    チュリス松山・駐車場タワー壁面
12:00
坊っちゃんカラクリ時計
定刻になるとカラクリ時計がせりあがり、音楽に合わせて夏目漱石「坊っちゃん」の登場人物が姿を現します。
(8:00~22:00まで1時間ごと・土日祝日は30分ごと)
12:30

マチコトバ

設置場所:道後温泉駅前バス停 ほか

道後のまちを一冊の詩集に見立て「いきるよろこび」をテーマに選んだ言葉を展示する、文学のまち・道後ならではのプログラム。13人のクリエイターが選んだ言葉がまちのあちこちに隠れているので探してみてください。

12:45

道後温泉系/力石咲

設置場所:道後温泉 第4分湯場

「湯が雲となり雨となりまた地面から湧き出る温泉となる」道後温泉の成り立ちを表現した作品。温泉や旅館で使われたタオル800枚を編んで制作されています。天井にあるカラフルな雲の数は温泉の源泉と同じ数の18個。

道後温泉 第4分湯場
汲み上げた源泉を町中に配湯する、道後温泉の源ともいえる場所。勢いよく流れる源泉を窓越に見学でき、汲み上げたばかりの温泉に触れる手湯もあります。
13:00
道後ハイカラ通り
駅前から道後温泉本館までL字型に続く商店街。浴衣で散策する人も多く、温泉街らしい雰囲気。お昼には愛媛名物・鯛めしがおすすめ。
14:30

あいだのお湯/エイドリアン・シュテッケヴェー

設置場所:今治屋・北側窓

お湯を、人・文化・地域をつなぐ「あいだ」の存在と捉え、私たちの「あいだ」に漂うものを、湯のさざ波に投影したインタラクティブなビデオインスタレーション。
作品の前で体を動かし、お湯のさざ波を楽しんで。

にきたつの道
道後商店街から西に延びる石畳の小路。大正時代の店構えが残る酒造や美術館もあり、湯上がりの散策にもおすすめ。
14:45

Mural #1/TIDE

設置場所:寿美屋

放生園の足湯にいたはずのCATがこんなところに!もしかしたら他のところにも…?

15:00

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉中庭インスタレーション/蜷川実花

設置場所:道後温泉別館 飛鳥乃湯泉中庭「ハダカヒロバ」

広場一面に約230点の花の写真を設置したインスタレーション。夜には、色鮮やかな提灯が広場を照らし、昼夜で異なる雰囲気を楽しめます。

椿の湯
道後温泉本館の姉妹湯。蔵屋敷風の建物で、浴場には本館と同じかたちの湯釜が。浴室の天井が高くて気持ちよく、早朝には天窓から朝日が差し込みます。
道後温泉別館 飛鳥乃湯泉
飛鳥時代の建築洋式を取り入れた湯屋で、2Fの休憩室では愛媛の伝統工芸×アートが楽しめます。道後温泉本館の皇室専用浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を再現した特別浴室も。湯上りにはおもてなしのお茶とお菓子で寛いで。
16:00

道後温泉五如団子/隅川雄二

設置場所:振鷺亭

道後温泉の歴史絵巻がテーマとなった作品で、道後の歴史や本館保存修理工事について詳しく知ることができます。だまし絵の技法を使ったイラストのユニークなフォトブースも楽しんで。

16:15

オリジナルARコンテンツ/尾野光子

設置場所:振鷺亭

道後温泉本館周辺に、地熱作りにいそしむ愉快な生き物が大量発生!リアルの景色とバーチャルのキャラクターが混ざり合うARフィルターで、温泉から溢れ出る熱気を体験してみましょう。

16:30

熱景/NETSU-KEI/大竹伸朗

設置場所:道後温泉本館

保存修理工事中の道後温泉本館を包み込む色鮮やかな素屋根テント膜。宇和島のアーティスト・大竹伸朗さんが水・熱・光、人や街の生み出すエネルギーをテーマに制作したダイナミックな作品です。

道後温泉本館
国の重要文化財にも指定されている、道後のシンボル的存在。2024年末まで大規模な保存修理工事中。工事中でも1階「霊の湯」は入浴可能です。
17:30

おそいおそいおそい詩/髙橋匡太+oblaat

設置場所:チュリス松山・駐車場タワー壁面

夜になると、道後温泉本館の南に、光る文字が浮かんでいることに気づくはず。オンセナートの期間中ゆっくり1文字ずつ進む「おそい詩」は、全部繋がるとどんな詩になるのでしょう?椿坂上からは道後温泉本館のライトアップや道後の街並みと共に鑑賞できます。ホテルへの帰り道に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

行程

Day.2 AM

  • 上人坂

  • 円満寺

  • 上人坂/夏井いつき

    上人坂
  • 神縁ポータル/市原えつこ

    ひみつジャナイ基地
  • 宝厳寺

11:00
上人坂
2日目はまず上人坂へ!上人坂は道後の新たな注目エリア。宝厳寺を中心に、ひみつジャナイ基地、伊月庵、マリメッコの元デザイナーのギャラリー、1日1組完全予約制の食の空間など個性的なカルチャースポットが増えつつあります。
円満寺
上人坂から道後温泉本館に向かう途中にある小さなお寺。色とりどりの「お結び玉」や恋の俳句を集めた「恋みくじ」など乙女心をくすぐる魅力がたくさん。
11:15

上人坂/夏井いつき

設置場所:上人坂

松山を代表する俳人・夏井いつきさんの句を春夏秋冬の季節ごとに入替展示。上人坂「子規 花の句坂」シリーズに現代の句が加わり、ことばの文化や歴史を感じながら散策を楽しめ ます。

ひみつジャナイ基地
アーティスト・日比野克彦さん監修の、地域の様々な人の交流拠点。お互いのひみつをひみつじゃなくする(=共感・共有する)「ひみつジャナイカード」ワークショップも体験してみて。
11:30

神縁ポータル/市原えつこ

設置場所:ひみつジャナイ基地

道後の「あなたにとっての神縁スポット」を教えてください。それが道後観光案内所前の「神縁チケット」となり、道後をめぐるお湯のように情報が循環していきます。情報提供してくれた方には「神縁MAP」をプレゼント。

宝厳寺
踊り念仏で有名な時宗の一遍上人の生誕地。一遍上人の「捨てる思想」をコンセプトにした開運アイテム「捨莉紙」も体験できます。

行程

Day.2 PM

  • 伊佐爾波神社

  • マチコトバ〜道後からあなたへ〜/SUPER BEAVER

    道後プリンスホテル・足湯 ほか
  • 道後公園 湯築城跡

  • くるくるミラクル/谷川俊太郎

    道後公園 湯築城跡 武家屋敷2
  • 湯神社(冠山)

  • 道後温泉 空の散歩道(冠山)

12:00
伊佐爾波神社
裏道を抜けて道後公園をめざしましょう。朱色の社が美しい伊佐爾波神社は、1000年以上地元の信仰を集める神社。135段の階段の下からの景色も、頂上からの景色もどちらも圧巻。算学奉納絵馬が有名で合格祈願に訪れる人も多数。縁結びスポットとしても有名です。
12:30

マチコトバ~道後からあなたへ~/SUPER BEAVER

設置場所:道後プリンスホテル・足湯ほか

人気バンド・SUPER BEAVERの歌詞が道後のまちに登場。歌詞に必ず入った「あなた」という言葉には、見るひとに語りかけ、自身と向き合い、「いきるよろこび」をかみしめてほしいという思いが込められています。

13:00
道後公園 湯築城跡
14~16世紀頃にあった「湯築城」の城郭跡に生まれた公園。自然ゆたかで散歩にもぴったり。公園内には子規記念博物館や武家屋敷も。

13:30

くるくるミラクル/谷川俊太郎

設置場所:道後公園 湯築城跡 武家屋敷2

「いきるよろこび」をテーマに書き下ろされた、谷川俊太郎さんの最新詩。1行1行ゆっくり浮かび上がる詩を見ていると、長くゆるやかに流れる時間や歴史を感じることができます。

14:00
湯神社(冠山)
いよいよ1泊2日の旅もおしまい。最後は道後のまちを一望できる冠山へ登ってみましょう。湯神社は、地震で温泉が止まったときここで祈祷すると再び湯が出たという伝説を持つ、道後の守り神として愛される神社です。
道後温泉 空の散歩道(冠山)
冠山頂上からは道後温泉本館の全景を見ることができます。足湯でゆっくり疲れを取りながら、この旅の思い出を振り返る時間を過ごしてください。(足湯:6:00~21:00)