OTHER INFORMATION
LIST

NAOKI ISHIKAWA

ICHIRO EROKUMAE

週末道後座 はこちら
GUIDE MAP はこちら
Scroll
マチコトバ
浦島 茂世
作家

浦島 茂世

会場

椿の湯 北側壁面

[選定作品]

角田寿星「再会」

[選定理由]

言葉にならない強い感情を、言葉にして人に伝えること。
それはとてつもなく大変で、莫大なエネルギーが必要なことだと思います。

「再会」を初めてよんだとき、作者のこれまでの葛藤や道のりに思いを馳せました。きっとこれまでに、あきらめたことも少なくはないはずです。
それでもじゅうぶんであり、しあわせであるという作者の姿勢が「生きるよろこび」というテーマをいただいたときに真っ先に思い浮かびました。

浦島 茂世うらしま もよ
MOYO URASHIMA
浦島 茂世うらしま もよ
MOYO URASHIMA

美術ライター。大学で美学美術史を専攻し、制作会社勤務を経てフリーランスに。時間を見つけては美術館やギャラリーへ足を運び、国内外の旅行先でも美術館を訪ね歩く。著書に『東京のちいさな美術館めぐり』、『企画展だけじゃもったいない 日本の美術館めぐり』『猫と藤田嗣治』など。文化庁文化審議会博物館部会委員を務めるほか、講演やカルチャーセンターでの美術講座講師など、美術の楽しさを伝える活動を精力的に行っている。

浦島 茂世うらしま もよ
MOYO URASHIMA
浦島 茂世うらしま もよ
MOYO URASHIMA

美術ライター。大学で美学美術史を専攻し、制作会社勤務を経てフリーランスに。時間を見つけては美術館やギャラリーへ足を運び、国内外の旅行先でも美術館を訪ね歩く。著書に『東京のちいさな美術館めぐり』、『企画展だけじゃもったいない 日本の美術館めぐり』『猫と藤田嗣治』など。文化庁文化審議会博物館部会委員を務めるほか、講演やカルチャーセンターでの美術講座講師など、美術の楽しさを伝える活動を精力的に行っている。