クリエイティブステイ
参加クリエイター
活動情報
詳しくはこちら

ARTIST

アーティスト
大竹 伸朗
おおたけ しんろう

1955年東京生まれ。1980年代初頭より国内外で作品発表を開始。1988年に制作拠点を愛媛県宇和島市に移し、絵画を中心に音や写真、映像を取り込んだ立体作品、エッセイ・絵本など多彩な作品を展開。2019年にはパフィオ宇和島、生涯学習センター・ホールの緞帳「のぞき岩」が完成。「東京2020公式アートポスター」の制作アーティストに選出。2022年2月ハワイ・トリエンナーレに参加予定、東京国立近代美術館にて個展開催予定。

Photo by shoko

一覧に戻る

道後におけるアートの取り組み