クリエイティブステイ
参加クリエイター
活動情報
詳しくはこちら
©FUJIKO NAKAYA / Dogo Onsenart 2014
  • 2014年

    霧の彫刻 #47882

    中谷芙二子は、道後温泉本館の北面ファサード一面に『霧の彫刻』を出現させた。風の向きや強さ、湿度、光の変化によって、不定形に広がる霧はさまざまに姿を変え、あたりを幻想的な雰囲気で包みこんだ。道後オンセナート2014を象徴する作品として、2014年7月20日にはアートパレードの舞台ともなった。

    場所:

    道後温泉本館 北面ファサード

    期間:

    2014年4月10日-12月31日

    時間:

    9:15、11:15、13:15、15:15、17:15、19:15、21:15(各3分間)

    中谷 芙二子
    なかや ふじこ

    札幌生まれ。米国ノースウエスタン大学美術科卒。
    1966年、ニューヨークで結成された芸術と技術のコラボレーションを推進する実験グループ E.A.T.(Experiments in Art and Technology)に参加。1970年大阪万博ペプシ館で、大気中に大量の人工霧を発生させ、環境や風と対話する『霧の彫刻』を発表。以降、霧を使って自然と人間をダイナミックに関係づける参加型の霧環境、公園設計、舞台などを世界各地で制作。音、光、ダンスなど、他ジャンルとのコラボレーションも多い。吉田五十八賞特別賞など受賞多数。一方1972年からビデオひろばや SCANの活動を通して日本のビデオ界をリードし、1987年から隔年、スパイラル(東京・青山)で大規模な国際ビデオ・テレビ・フェスティバルを主催。2009年、文化庁メディア芸術祭功労賞を受賞。

道後オンセナート2014(DOGO ONSENART 2014)

古くは日本書紀にも残る日本最古の温泉「道後温泉」。松山観光の目玉ともいえる道後温泉本館が、2014年4月10日に改築百二十年の大還暦を迎えることを記念して、アートフェスティバル「道後オンセナート2014」が開催されました。 道後温泉本館が、アート作品へと変貌するほか、9軒のホテル・旅館の各一室を著名なアーティストたちが手がける、泊まれるアート作品群「HOTEL HORIZONTAL(ホテルホリゾンタル)」が誕生。そのほか、昼も夜も、まちを巡りながら道後の魅力を最大限に味わうことができます。
また、地元に重きを置いてコミュニティーを形成する試みとしてアートディレクションと運営は地元NPOと若手クリエイターでつくるコンソーシアム「道後アートプロジェクト」が担当。総合プロデュースは、東京・青山で複合文化施設を運営する、スパイラル/株式会社ワコールアートセンターが行いました。

会期:2016年4月29日 ~ 2017年8月31日

道後アート2014

一覧に戻る

道後におけるアートの取り組み