クリエイティブステイ
参加クリエイター
活動情報
詳しくはこちら
©YUSUKE ASAI / Dogo Onsenart 2018
  • 2018年

    豊かさ/土の星の人

    絵を描く土地の土と水を使用した「泥絵」で知られる淺井裕介が、2017年7月に10日間道後に滞在し、新作を制作しました。これまで国内外で採取した土に加え松山、道後の土を用いて、縦6.8m×横2.8mのバナーによる作品2点を制作。人間と様々な動植物、水と大地、道後の自然と文化と歴史が織りなすイメージの断片、あらゆるものの生命が 自由奔放に描かれ、淺井が「自分の代表作」と語る作品が完成しました。作品制作に用いた世界各地の多彩な色合いの土を展示。

    期間:

    2017年12月26日〜 2021年2月28日

    場所:

    椿の湯1階ロビー

    淺井 裕介
    あさい ゆうすけ

    絵描き。198年、東京都生まれ。個人のアトリエでの制作と並行して、2003年よりマスキングテープに耐水性マーカーで植物を描く「マスキングプラント」の制作を開始、また、滞在制作する各々の場所で採取された土と水を使用し、動物や植物を描く「泥絵」や、アスファルトの道路で使用される 白線素材のシートから動植物の形を切り出し、バーナーで焼き付けて制作する「植物になった白線」など、条件の異なったいかなる場所においても作品を展開する。近年は立て続けに 10m をゆうに超える泥絵の大作を発表して注目を集めた。淺井の描く動植物たちは多くの場合画面に隙間なく併置され、大きな動物の中に入れ子状に小さな動物が現れたりと、ミクロの中にマクロが存在するこの宇宙の生態系を表しているようでもある。近年の主な個展に彫刻の森美術館での「淺井裕介 ― 絵の種 土の旅」(2015-2016年)。また、ヴァンジ彫刻庭園美術館での「生きとし生けるもの」(2016年)、「瀬戸内国際芸術祭」(2013-2016 年・犬島)、「越後妻有アートトリエンナーレ 2015」、ヒューストンの Rice Galleryでの個展「yamatane」(2014年) など国内外のアートプロジェクトに多数参加している。2014年には第 24 回タカシマヤ美術賞、2012年には第61回神奈川文化賞未来賞、2009年には「VOCA展 2009」(上野の森美術館) 大原美術館賞を受賞。

道後オンセナート2018(DOGO ONSENART 2018)

「道後オンセナート」のコンセプトテーマは2014年に引き続き、「アートにのぼせろ ~温泉アートエンターテイメント~」です。「のぼせる」とは夢中になるということ。 道後で展開されるアートは一部の人々に与えられる“特別なもの”ではなく、自由に感じられる、鑑賞できる、ごく身近なものです。 日本最古といわれる道後温泉で、人と土地のエネルギーを浴び、体験することで、大人も子どもも、遠方から来る人も地域の人も、 頭も体も楽しく「のぼせよう」というメッセージが込められています。
2017年9月のプレオープンを皮切りに、2018年4月のグランドオープン、2019年2月のフィナーレまでの18ヶ月間、ホテルや街中に設置される作品と多様なイベントを組み合わせて展開されまました。

会期:2017年9月2日 〜 2019年2月28日

道後オンセナート2018

一覧に戻る

道後におけるアートの取り組み