クリエイティブステイ
参加クリエイター
活動情報
詳しくはこちら
©mika ninagawa,Courtesy of Tomio Koyama Gallery/Dogoart2015
  • 2015年

    提灯ゲート

    道後温泉駅から道後温泉本館をつなぐアーケード、道後商店街の正面入口に蜷川さんの写真を全面に配した提灯のゲートを設置。アートフェスティバルの雰囲気を盛り上げる、道後のエントランスにふさわしい艶やかな雰囲気となるよう、蜷川さん本人が設置を提案。提灯は全面花柄で約90個を配置しました。

    期間:

    2015年5月1日〜2016年2月29日

    場所:

    道後商店街正面入口

    期間:

    18:00〜23:00 ※季節により異なります

    蜷川 実花
    にながわ みか

    写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』 (2019)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』 (2019)監督。Netflixオリジナルドラマ『FOLLOWERS』が世界190ヵ国で配信中。映像作品も多く手がける。

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015

2014年に開催されたアートフェスティバル「道後オンセナート 2014」のテーマ、「最古にして、最先端。」を引き継ぐ形で道後を中心としたエリアで展開されるアートフェスティバル。蜷川実花さんをメインアーティストに迎え、2015年5月1日から10カ月の会期中に道後地区に様々なアート作品を展開しました。

会期:2015年5月1日 〜 2016年2月29日

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015

一覧に戻る

道後におけるアートの取り組み