クリエイティブステイ
参加クリエイター
活動情報
詳しくはこちら
©mika ninagawa,Courtesy of Tomio Koyama Gallery/Dogoart2015
  • 2015年

    ラッピング電車

    路面電車1両を全面ラッピング。当イベントのメインビジュアルとして使用されている、蜷川実花さんの写真を使ったグラフィックを全体にまとった鮮やかな電車が松山市内から道後温泉駅を走りました。

    期間:

    2015年5月1日〜2016年2月29日

    場所:

    松山市内

    時間:

    伊予鉄道市内電車運行時間内

    蜷川 実花
    にながわ みか

    写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』 (2019)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』 (2019)監督。Netflixオリジナルドラマ『FOLLOWERS』が世界190ヵ国で配信中。映像作品も多く手がける。

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015

2014年に開催されたアートフェスティバル「道後オンセナート 2014」のテーマ、「最古にして、最先端。」を引き継ぐ形で道後を中心としたエリアで展開されるアートフェスティバル。蜷川実花さんをメインアーティストに迎え、2015年5月1日から10カ月の会期中に道後地区に様々なアート作品を展開しました。

会期:2015年5月1日 〜 2016年2月29日

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015

一覧に戻る

道後におけるアートの取り組み