クリエイティブステイ
参加クリエイター
活動情報
詳しくはこちら
  • 2015年

    ひかりの実 2015

    昨年末、「道後オンセナート 2014」の締めくくりとして行われた「道後オンセナイト 2014」。その中でも地元を中心に大変反響の大きかった、光のインスタレーション作品を世界各地で発表している、髙橋匡太による参加型のアートプログラム『ひかりの実』を今年も展開。年末の道後を華やかに彩りました。主催、コンソーシアム道後アートプロジェクト。

    場所:

    ①道後公園 ②松山空港ロビー

    開催日:

    ①2015年12月15日〜12月31日 (12月15日に髙橋匡太によるワークショップを開催)
    ②2015年12月16日〜12月25日

    髙橋 匡太
    たかはし きょうた

    1970年京都生まれ。1995年京都市芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
光や映像によるパブリックプロジェクション、インスタレーション、パフォーマンス公演など幅広く国内外で活動を行っている。京都・二条城、十和田市現代美 術館など大規模な建築物のライティングプロジェクトは、ダイナミックで造形的 な映像と光の作品を創り出す。多くの人とともに作る「dream seed project」、 「Shining Smile Fruit」、「Gift forFrozen Village」、「Glow with City Project」など大規模な参加型アートプロジェクトも数多く手がけている。

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015

2014年に開催されたアートフェスティバル「道後オンセナート 2014」のテーマ、「最古にして、最先端。」を引き継ぐ形で道後を中心としたエリアで展開されるアートフェスティバル。蜷川実花さんをメインアーティストに迎え、2015年5月1日から10カ月の会期中に道後地区に様々なアート作品を展開しました。

会期:2015年5月1日 〜 2016年2月29日

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015

一覧に戻る

道後におけるアートの取り組み