DOGO

ABOUT

stay hot,stay creative
3年間にわたる道後温泉地区の新たな活性化事業
「みんなの道後温泉 活性化プロジェクト」
概要について
道後温泉は、日本最古といわれる温泉で、そのシンボル道後温泉本館は、現在その貴重な宝を未来に受け継ぐため、2024年末の完了を目指し営業しながらの保存修理工事を行っています。道後温泉では、2014年の「道後オンセナート2014」を皮切りに、さまざまなまちづくりアート事業に取り組んできました。2021年度から2023年度までの3年間、新たな活性化事業「みんなの道後温泉 活性化プロジェクト」を実施します。コンセプトは「stay hot,stay creative」。道後温泉では、数多くの芸術家が創造力を羽ばたかせ、熱を放出してきました。2024年の本館改築130周年に向け、いまふたたび、〔アート×人×温泉〕の熱量で、道後温泉を、日本を、世界を温めたいとの想いを込めています。
主催は道後温泉旅館協同組合、道後商店街振興組合、道後温泉誇れるまちづくり推進協議会などの地元団体、愛媛大学、金融機関、松山市などで構成される「未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会(委員長:羽藤英二 東京大学大学院教授)」。地域資源を磨き上げ、新たな道後ブランドを創出し、多角的・独創的な事業を展開することで、「自律的好循環による、100年先まで輝き続ける持続可能なまちづくり」を目指します。

みんなの道後温泉 活性化プロジェクト

  • ■事業期間:2021年5月〜2024年3月31日

    ■展開場所:道後温泉エリア全体

    ■コンセプト:stay hot,stay creative

  • ■主  催:未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会

    ■企画プロデュース:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター

3カ年スケジュール

新型コロナウイルス感染症は道後温泉地区の観光産業にも深刻なダメージを与えています。本プロジェクトでは、こうした現状を踏まえつつ、コロナ禍からの本格的な回復タイミングを2022年と想定し、3年間のグランドスケジュールを設定。具体的には、2021年度は地元集客と関係人口の構築に取り組み、来るべき回復期の力を蓄えるとともに、2022年度には「道後オンセナート2022」を、2023年度には「国際クラフトフェア」を開催することで、観光人口、インバウンドの獲得を目指します。

  • 2021年度

    地熱づくり
    地元集客/関係人口の構築
  • 2022年度

    道後オンセナート2022
    観光人口の拡大
  • 2023年度

    国際クラフトフェア(仮称)
    インバウンド獲得

NEWS

※新型コロナウイルス感染症の状況により、
プログラム内容が変更になる場合があります。

【 本件に関するお問い合わせ 】
未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会事務局
(松山市道後温泉事務所内)
担当:菅、越智、徳岡、岡田
TEL:089-921-6464FAX:089-934-3415
MAIL:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp
【 広報窓口 】
株式会社NINO
担当 : 清水
TEL:089-995-8783 / 080-6280-6970
(問い合わせ時間:10:00-18:00 / 土・日曜・祝日以外)
MAIL:press@dogoonsenart.com