所要時間3~4時間/松山・道後

道後で利き酒!?
昼からはしごコース

温泉に入って心も身体もリフレッシュした後は道後ならではの
お酒を飲んで新たな魅力を発見されてみてはいかがですか?

コース概要及び所要時間

  1. 道後温泉駅
     ↓ 徒歩5分
  2. 商店街散策
     ↓ 徒歩すぐ
  3. 飛鳥乃湯泉
     ↓ 徒歩5分
  4. DOGO STANDING BAR 道後麦酒館 別館
     ↓ 徒歩すぐ
  5. にきたつの道
     ↓ 徒歩10分
  6. 水口酒造
  1. 13:00 道後温泉駅

    駅舎やガス灯にどこか懐かしさを感じる道後温泉駅が、今回の旅の始点です。道後温泉駅すぐそばには、坊っちゃんカラクリ時計や道後温泉本館へ通じるアーケードの入り口もあります。カラクリ時計横の足湯に使われている湯釜は、かつて道後温泉本館で使われており、夏目漱石が利用した時代のものなので、ご利益が得られるといわれています。

    徒歩5分
  2. 13:10 商店街散策

    道後商店街のアーケード内には、愛媛県の自慢の郷土料理やご当地のお土産などを提供するお店が数多く軒を連ねています。アーケードの天井には梅佳代さんのアート作品「坊っちゃんたち」も展示され、現代の坊っちゃんを見て楽しんでいただけます。本コースでは、アーケードを飛鳥乃湯泉方面まで歩きます。

    徒歩すぐ
  3. 13:30 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(入浴)

    道後商店街アーケードから出て少し歩いたところに「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」が見えてきます。外観は飛鳥時代の建築様式を取り入れ、館内には開放的な大浴場と、道後温泉本館にある又新殿を再現した特別浴室があります。愛媛県産木材をふんだんに活用している館内は、心地よい香りに包まれています。道後温泉本館にはない露天風呂や景観などで開放的な気持ちになれるので、ぜひ足を運んでみてください(飲酒後のご入浴はご遠慮ください)。

    徒歩5分
  4. 14:50 DOGO STANDING BAR 道後麦酒館 別館

    飛鳥乃湯泉で汗を流した後にぜひ寄っていきたい麦酒館。道後の地ビールである「道後ビール」をはじめ、鯛の刺身やじゃこ天なども絶品です。温泉で温まった身体に冷たいビールをグイッと飲みたい方などにもぴったりです! 麦酒館一押しのフルーツビールにはいくつか種類があり、それぞれ見た目も綺麗なので、女性の方はSNS用の写真にも使えますよ!

    徒歩すぐ
  5. 15:40 にきたつの道

    水口酒造へ向かうためにアーケードに戻り、道後温泉駅方面へと向かいます。左手にポストを見つければ、右の路地へアーケードを抜けましょう。そこから振り返ると、道後商店街のもう一つのアーケードの顔を見ることができます。そこからまっすぐ進むと、水口酒造に到着です。

    徒歩5分
  6. 15:50 水口酒造 にきたつ蔵部

    清酒「仁喜多津」をはじめとして、様々な地酒、地ビールを販売しています。入り口横にある暖簾は季節ごとに色を変え、訪れるたびに私たちを楽しませてくれます。また、様々な種類のお酒の飲み比べもすることができます。お酒づくりに使われる仕込み水には、道後・熟田津の水が使用されています。道後ビールや熟田津の水で作られた清酒は、お土産にもってこいです。