イベント名:
地元プロジェクト/「瀬戸内経済文化圏OPEN SUMMIT 2018 in 道後オンセナート」
開催日:
11月24日〜11月24日
時 間:
13:00~22:30

道後オンセナート2018の地元プロジェクトの一環として、瀬戸内圏域で活躍するクリエイターやアーティストを集め、各地の取り組みを共有し、瀬戸内の未来を考える「瀬戸内経済文化圏OPEN SUMMIT」を開催します。 近年、瀬戸内圏域では各地の資源や魅力を見つめ直し、再構築していくプロジェクトが積極的に実施されており、その中で生まれ始めている、アートプロジェクトやクリエイターの新たな交流の顕在化を試み、瀬戸内圏域の活性化を目指します。 都心部にある一極集中型の放射状のコミュニティではなく、環状で相互に連携するコミュニティという新たなあり方を提示すること。また、地理的にも商業的にも類似点をもつ都市間で、それぞれの町の新たな取り組みを共有すること。これらを通して、地方都市における活性化のあり方を考えていきます。瀬戸内海を10年移動しながら続けていくプロジェクトの2年目です。 第2回目となる2018年度は、「道後オンセナート実行委員会」と協力し、アートフェスティバル実施期間中にOPEN SUMMITを開催するとともに、瀬戸内地域のクリエイターの情報と商品を集約し発信する、「瀬戸内経済文化圏」期間限定ポップアップショップを展開し、圏内の若手事業者やクリエイター、アーティストの交流が生み出される場とすることを目指します。 このプロジェクトのディレクターを、graf代表の服部滋樹とUMA/design farmの原田祐馬氏がつとめます。 オープンサミット、交流会共に、どなたでもご自由に入退場いただけます。 みなさまぜひお気軽にお越しください。 【参加メンバー】 ディレクター / 服部滋樹(graf)、原田祐馬(UMA/design farm) □大阪:服部滋樹(graf)、原田祐馬( UMA /designfarm )、中川和彦(STANDARD BOOKSTORE) □和歌山:柏原誉(ARCADEPROJECT)、他2名 □徳島:高橋利明(TTA+A)、東輝美(RDND) □香川:小笠原哲也(BOOK MARÜTE)、他2 名 □愛媛:二宮敏(NINO INC.)、村上雄二(㈱エイトワンホールディングス)、白石卓央(㈱愛媛建築研究所) □大分:原茂樹(日田シネマテーク・リベルテ) □福岡:白水高広、渡邊令(うなぎの寝床)、他1名 □山口:菅沼聖(YCAM)、津田和俊( YCAM)、他1名 □広島:出原昌直(ディスカバーリンクせとうち)、他2名 □岡山:作元大輔(cifaka.inc)、他2名 □兵庫:やまぐちくにこ(淡路島アートセンター)、合田昌宏(r3)、岩本順平(DOR)

主 催:
道後オンセナート実行委員会 / コンソーシアム道後アートプロジェクト
場 所:
伊織 道後湯之町店 2F
参加費:
無料

【OPEN SUMMIT】 日時 / 2018年11月24日(土)13:00~18:00 会場 / 伊織 道後湯之町店 2F (愛媛県松山市道後湯之町20-21・道後商店街アーケード内) 内容 / 第1部 : 瀬戸内経済文化圏の概要及び期待 / 登壇者︰服部滋樹( 大阪)、原田祐馬( 大阪)、出原昌直( 広島)、二宮敏( 愛媛) 第2部 : テーマ別グループミーティング(瀬戸内経済圏全体版)/ 登壇者 : 瀬戸内経済文化圏プロジェクトメンバー 第3部 : テーマ別グループミーティング(愛媛版)/ 登壇者 : 瀬戸内経済文化圏プロジェクトメンバー 【交流会】 日時 / 2018年11月24日(土)18:30~22:30 会場 / 伊織 道後湯之町店 2F (愛媛県松山市道後湯之町20-21・道後商店街アーケード内) 内容 / 瀬戸内経済文化圏参加メンバー連続対談(登壇者 : 瀬戸内経済文化圏プロジェクトメンバー) FOOD / 愛媛出身の料理家サヤカノガミによる愛媛の食材を使ったワンプレート DRINK / marccoffeeroasters 、STAND ALIALI 事前お申し込み不要。 ※お席・フード、ドリンク共に限りがあります。予めご了承ください。