Artworks

地元プロジェクト/花鳥図屏風

展示期間:2018 年 6月 - 10 月末 設置場所: 放生園(カラクリ時計うしろ) 観覧料:無料 上映時間:19時〜23時(30分ごとに約5分間投影) 主催:道後オンセナート実行委員会、コンソーシアム道後アートプロジェクト 2018

2014年、大洲城で開催された「第5回大洲キャンドルナイト」のために制作された、幅7メートルにも及ぶ巨大屏風に投影されたコマ撮りアニメーションの一つをインスタレーションとして展開。大洲私立博物館収蔵の「源義家観乱鷹図」(若宮晴徳)をモチーフにしており、大洲城のシューズボックスにもプリントされている六曲一双「花鳥図屏風」の半双です。

Production artists

山内知江子

武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業後、単身渡チェコ。2002年、プラハ国立芸術アカデミー映画学部3F-Program Cinema Studies アニメーション専攻修了。2006年、プラハ国立芸術アカデミー演劇学部オルタナティブ人形劇学科舞台美術科大学院修了。Břetislav Pojar、Petr Matásekに師事。帰国後、舞台美術/映像/アニメーション/グラフィックデザインなど多数の作品を提供、単独上演等を 行う。高知県立美術館でのアニメーションワークショップや松山デザイン専門学校講師など後進の指導にもあたる。2010年、ダンサー /振付家の得居幸と、ダンスとアニメーションのパフォーマンスユニットHanbun.coを結成。

art top