アーティスト

mayutamago(まゆたまご)

松山市在住。 2018年48時間デザインマラソンにおいて金賞。 2019年7月展覧会を開催。 週末や作業所に行く前の5~10分間は、作品をつくっている。

制作アート作品

mayutamago×道後の町屋

2019

■温泉のはじまり

昔、昔のその昔、ある時、土の中から湯気が立ち、温かい水が少しずつにじみ出してきた。歳月を隔てて、水たまりから池になり、空から眺めていた一羽の鳥が羽を休めに降りたった。


■ジャパンローズ(椿)

赤、白、桃、しぼりなどさまざまな色で目を楽しませてくれる椿の花。和のイメージで、浴衣、のれん、手拭い、うちわにいかがですか?


■Midnight 道後

だれもが知っている道後温泉、約3000年もの深い歴史をもつ。月が頭上高くのぼりきり、真夜中の時を指した時、本館は赤く輝きはじめ、空をも赤く染めていく。


■ふたごの台風

ニュースで台風の話題が多かった夏、こわいというイメージではなく、うずまきがきれいというイメージでダンボールを分解し、くるくるまいてみました。


■Flying Fish

金魚のような熱帯魚のようなでこぼこ魚。くらげが友達。三日月が水面に照らされる時、尾ひれをなびかせ、Flying Fishに変身!!


■夢みるき・り・ん

乙女の白きりんです。大草原で友達きりんと一緒におもいっきりかけっこ。食事は虹色葉っぱを食べましょう。空も飛んでみたい。旅行もいいかも。いろいろ夢みています。


■アコーディオンをひく女

時々鍵盤に目をおとしている奏者。鍵盤の上を軽やかに指を走らせ、奏でている。音楽は何だろう。聴衆も静かに耳をかたむけ、音の海に身体をゆだねている。

artist top