アーティスト

鈴木康広

撮影 : 中川正子

アーティスト。1979 年、静岡県生まれ。2001 年東京造形大学デザイン学科卒。日常の見慣れた事象を独自の「見立て」によって捉え直す 作品を制作。公共空間でのコミッションワーク、大学の研究機関や企業とのコラボレー ションにも積極的に取り組んでいる。代表作に、《まばたきの葉》(2003)、《空気の人》(2007)、《ファスナーの船》 (2010) など。2014 年水戸芸術館 鈴木康広展「近所の地球」、金沢 21 世紀美術館 鈴木康広「見立て」の実験 室を開催。2016 年「ロンドン・デザイン・ビエンナーレ 2016」に日本代表として出展。武蔵野美術大学空間 演出デザイン学科准教授、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員。2014 毎日デザイン賞受 賞。作品集『まばたきとはばたき』『近所の地球』( 青幻舎 )、絵本『ぼくのにゃんた』( ブロンズ新社 ) がある。

制作アート作品

©YASUHIRO SUZUKI / Dogo Onsenart 2018

湯玉の気配:空気の人

2018

アートとデザインの境界領域で日常のなかでの気づきや見立てからプロダクトを突き詰めるアーティスト、鈴木康広 は、国内外での大型企画展に参加し続けている人気アーティストです。道後では代表作「空気の人」を展示。その「空 気の人」を街中に連れ歩き、道後の湯玉の気配を街中から採取していく映像作品も展開します。また、定番人気の体験 型アート作品の「まばたき証明写真」(600円)も展示いたします。

artist top