アーティスト

道後雲使い集団

2017年、松山アーバンデザインセンターの主催した「移動する建築」※のコンペティションにより選ばれた「街の中の雲」の実行部隊として組織された集団。グランドオープンしたばかりの「道後温泉別館飛鳥乃湯泉」の中庭空間の活用の先駆けとして、2018年3月、大きな風船状の雲をあげ、幅広い世代が集う賑わいの空間を創出した。今回の企画はその続編として実施。今後も、道後におけるまちづくりと芸術文化、観光振興の推進を目的とした活動を予定している。 ※幅広い世代が心地よく集い、賑わいを生み出し、地域の新たな魅力を引き出すような、動くまちづくり拠点のこと(https://idou-kenchiku.amebaownd.com)

制作アート作品

地元プロジェクト/街の中の雲

2018

道後におけるまちづくりと芸術文化、観光振興の推進を図る「道後雲使い集団」と建築家・バンバタカユキによる「街の中の雲」(第二弾)を実施します。「道後温泉誇れるまちづくり推進協議会」や愛媛県の若手職人集団「伊予匠ノ会」の協力のもと、飛鳥乃湯泉中庭に大きな風船状の「雲」を浮かばせます。昼の部ではその雲の下で水遊び空間を、夜の部では手づくりの灯籠で雲を照らす幻想的な光の空間を演出します。8月4日10時からは誰でも参加できる灯籠づくりワークショップも開催(申込先着順)。夜の部の最後には「チームM+」による踊りの演出を行い、雲の下に飛鳥時代を想起させる幻想的な空間が立ち現れます。 【灯籠づくりワークショップ】…道後オンセナート2018地元プロジェクト「街の中の雲」の空間演出をするための灯籠を製作します。和紙に水彩ペンで絵を描き、灯籠を組み立てるワークショップです。製作した灯籠は、8/4(土)夜に道後温泉別館飛鳥乃湯泉中庭に展示され、「街の中の雲」を照らす演出に使用されます。木材や和紙について学びながら、みなさんの手で、道後の雲を照らす灯籠をつくりましょう! ︎●開催日程・場所 ▶︎第1回:7/28(土 13:00-14:30)@もぶるテラス(松山市湊町3丁目7-12)、▶︎第2回: 8/4(土 10:00-11:30)@飛鳥乃湯泉中庭(松山市道後湯之町19-22) ●要予約・各回先着20組(空きがあれば当日参加も可) ●︎参加無料 ●申込先:udcm.matsuyama@gmail.com(松山アーバンデザインセンター内道後雲使い集団) 主催:道後雲使い集団/︎協力:伊予匠ノ会 ※この取り組みは、愛媛県森林環境税を活用しています

artist top