アーティスト

明和電機

土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し、作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレー ション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで様々なナンセンスマシーンを開発し、 ライブや展覧会、教育ワークショップや講演会などを国内のみならず広く海外でも発表。2010 年、「ボイスメ カニクスシリーズ」をスタート。そのコンセプトをプロダクト化した音符の形の電子楽器「オタマトーン」は国 内外で 25 万個を販売する大ヒット プロダクトとなり、同年オモチャ大賞を受賞する。2013 年には文化庁文化 交流の指名を受け、フランスにて振り付け家ブランカ・リーによる明和電機の楽器やコスチュームを用いたダン スパフォーマンス「ROBOT!」の制作に参加。現在も世界各国でロングラン公演中。2016 年 1 月には中国上海 の美術館 McaM で、初の大規模展覧会を成功させ、同年 6 月には 20 年ぶりとなる大阪での展覧会を開催した。 近年は「重版出来 !」などのドラマに初出演をし話題に。2018 年は結成 25 周年のアニバーサリーイヤーとなる。

制作アート作品

©︎MAYWADENKI / Dogo Onsenart 2018

明和電機 in 道後 vol.2 親子スペシャルライブ

2018

明和電機の手作り自動演奏楽器は大人から子どもまで、幅広い層に大人気。日曜の午後、多くの家族連れが明和 電機のライヴ・パフォーマンス鑑賞を楽しみました。

©︎MAYWADENKI / Dogo Onsenart 2018

明和電機 in 道後 プレオープニングスペシャルライブ

2018

プレオープニングイベントのメインアクト ! 青い作業服に身をまとい、手作り自動演奏楽器でパフォーマンス を行う 人気のアート・ユニット、明和電機。数々の「ナンセンスマシーン」から繰り出される音楽パフォーマンスで道後を席巻しました。

artist top