アーティスト

ラブリ/白濱イズミ

モデル・アーティスト。ラブリとして雑誌、TV、ラジオ、広告などメディアで活動する一方で近年では自身の内側から生まれる" 言葉 " を日本名である白濱イズミとして詩や朗読、執筆、音楽、など形に捉われずに様々な展示方法を使いながら言葉の活動している。青山spiralにて詩作品を初発表。2018年初個展「言葉の記憶 展」(360°gallery)2019年2度目となる個展「デジタルと私との関係、私はどうやら数字らしい 展」現在ではFigaro webにて詩の短編集「おとこのて」を連載中。KILIGというファンクラブの企画運営を行っており"私達の社会"をテーマに新しい形を目指している。

制作アート作品

ラブレター〜愛を繋ぐ、愛で紡ぐ道後めぐり〜

2019

愛は時代を超えても存在するもの。昔を生きた文豪や、今を生きる人の「ラブレター」 をテーマに、白濱イズミさん監修のもと道後という街を舞台に展開。“目で耳で触って読む” をキーワードに五感を使って感じられる「ラブレター」の世界を紡ぎ出す。

artist top