アート作品

©mika ninagawa,Courtesy of Tomio Koyama Gallery/Dogoart2015

道後温泉本館内 床の間作品展示

期間:2015年5月1日〜2016年2月29日 場所:道後温泉本館内 神の湯2階席 霊の湯2階席 料金:神の湯2階席以上の使用料 霊の湯2階席の使用料 または又新殿観覧料 2015

蜷川さんが道後(松山市)にちなんで椿の写真をセレクト。

制作アーティスト

蜷川 実花

写真家、映画監督。東京都生まれ。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルター スケルター』(2012) 監督。映像作品も多く手がける。2008 年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。 2010 年、Rizzoli N.Y. から写真集を出 版、世界各国で話題に。2016 年、台湾の現代美術館 (MOCA Taipei) にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新し た。2020 年東京オリ ンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。2015 年に開催された「蜷川実花 × 道後 温泉 道後アート 2015」では道後温泉本館でのインスタレーションや路面電車のラッピング作品な どを年間通して展開し、その取組は、前年より大幅な宿泊者数の増加に貢献、また大手旅行サイトの おんなひとり旅に人気の温泉地ランキングでの1位獲得、環境省と観光庁が後援する「温泉総選挙」 で「女子旅部門1位」を獲得するなど、大変好評を博した。

art top