松下裕子

Hiroko Matsushita

主に紙を使い、2次元と3次元を行き来する作品を、デザイン、イラストレーション、アートの領域にまたがり制作しています。 紙の特性ー「折る」「切り抜く」「重ねる」などに興味をもち、平面から立体への変形やその関係性、光と影との組み合わせを模索しています。 私にとってのイラストレーションは、2次元的に「描く」ことに留まりません。私たちが生きる社会を映し出すひとつの方法として、 より発展的なイラストレーションの概念や可能性を切り開くことを目指しています。

[受賞] 2014 SICF15 準グランプリ

www.hirokomatsushita.com