祖父江 慎 × 道後舘
「部屋本 坊っちやん」

© SHIN SOBUE / Dōgo Onsenart 2018

今も人気の夏目漱石『坊っちゃん』は、時代とともに少しずつ変化しています。祖父江慎のオフィスには過去から現在までの多くの本で埋め尽くされています。明治28〜29年、漱石と子規が松山で忘れることのできない日々を過ごし、その10年後に「ホトトギス」に『坊っちゃん』が書かれました。祖父江は道後舘の一室を『坊っちゃん』テキストで囲まれた、体感する「部屋本 坊っちやん」にします。

開催期間:2017年9月2日-2019年2月28日
設置場所:道後舘
見学時間:11時〜14時 (最終受付) 見学時間20分
見学特典:道後舘新聞 『坊っちやん』漱石+祖父江慎 / オリジナル見学券 / 喫茶券
見学料金:1,500円(税込)  小学生以下 1,000円(税込)

© SHIN SOBUE / Dōgo Onsenart 2018
祖父江 慎(そぶえ しん)/  Shin Sobue
Artist Profile

祖父江 慎(そぶえ しん)
Shin Sobue

ブックデザイナー/アートディレクター。1959年、愛知県生まれ。すべての印刷されたものに対する並外れた「うっとり力」をもって、ブックデザインの最前線で活躍中。「うまくいかない喜び」をキーワードに、乱丁・落丁・劣化強化印刷にも愛情をそそぎ続ける。また、カレーのスパイスで印刷したり、直角ではない「いいかげん折り」を提言したり、ゆるく揃わない表情を持つ紙やディック・ブルーナの絵本専用フォントを開発している。漱石好きのためオフィスは「坊っちゃん」本であふれている。2014年、漱石の原稿書き間違いもそのまま活かした無修正版「心」を発表。現在、漱石「吾輩ハ猫デアル」を制作中(ともに岩波書店)。著書に『祖父江慎+コズフィッシュ』(パイインターナショナル刊)がある。有限会社コズフィッシュ代表。TDC、AGI会員。

道後舘
Hotel Information

道後舘

所在地 〒790-0841 愛媛県松山市道後多幸町7-26
TEL 089-941-7777
URL http://www.dogokan.co.jp/

古いものと新しいものの調和を『共生』と呼び、生涯の建築テーマとした、黒川紀章設計の湯の宿。
江戸と現代の美しい調和。地元産にこだわった四季折々の美味。
品位あるおもてなしと落ち着いた雰囲気で、趣深いくつろぎの時をお約束いたします。

Room Reservation

宿泊のご予約受付、一般公開見学に関するお問い合わせは当サイトでは承っておりません。
宿泊のご予約受付は、下記の「ホテル宿泊予約ページへ」ボタンから各ホテルのウェブサイトにてお手続きください。
また、一般公開見学に関するお問い合わせは各ホテルへお問い合わせお願い致します。

ホテル宿泊予約ページへ